So-net無料ブログ作成
検索選択

by myself / hitomi [diary]

hitomi_bymyself.jpg


WALLOP「Friday's」で共演の「りゅーちゃん」こと齋藤 竜太くんが、facebookで「Tetsuya Komuro Playlist」っちゅー面白いコトをやってます。

https://www.facebook.com/TKPlaylist

MIXのエンジニアさんだったりアーティストであったり、いろいろなキーワード・しばりで、小室哲哉さんの楽曲を10曲づつ束ねて紹介しているんです。ぜひご覧になってください。


昨夜のFriday's生放送でその話題に。

りゅーちゃん、TKファミリー楽曲の多くでオーケストラ・アレンジを手がける「Randy Waldmanの関わる楽曲」なんていうしばり10曲も紹介していたんです。で、そのRandyの話しに昨夜なって。

ともちゃんや安室さん、他たくさんのアーティスト・楽曲に関わったRandyなんだけど、ボクにとって一番の思い出は、hitomiの『by myself』を作った時に、L.A.でアコピを弾いてもらった時のコトだったんです。

コード譜をさっと眺めて、「ちょっと1回演奏させて」とRandy。初めて聞く、演奏する楽曲です。それを、まぁ、ミスもなく、それどころか素晴らしい演奏を、いとも簡単にやってのけたんです。

さすがにRandy、OKを出すボクに「もー1回弾かせろ」と。で、その後何回かテイクを重ねるんだけど、ファーストテイクがやっぱりイイ。本人もやっぱり「1回目がイイね」と(^^;)


昨夜の生放送中に、その『by myself / hitomi』のどの曲だったか曲名が思い出せない(^^;)
今日、アルバムを引っぱり出して確認したんです。「raise my eyes」でした。


聴きっぱまっちゃたんです『by myself』。


久保こーじの音楽人生、そのカタログの中で、『by myself』を大きく取り上げたコトは正直ありませんでした。理由があんまりわかんないんです。おそらく、『by myself』発表以降の音楽家・プロデューサー経歴が大きく、ハデだったからでしょう。

今聴けば、アレンジが行き届いてなかったり、逆にいぢり過ぎていたり、幼稚な部分を感じるんです。が、それを引いても「あまり」があり過ぎるくらい良く出来た、ボクが作ってきた作品の中で、会心のアルバムでした。

音楽家として悩んだり煮詰まったりした時に、なんでこのアルバムに戻らなかったんだろうって思う作品です。


MIXはChoris Load-Alge。
今や米国を代表するエンジニアさんです。
彼が全曲MIXをしてくれています。サウンドが素晴らしい。


『by myself』がなかったら、今のボクはなかったんだなぁと思います。作った当時から、ついさっきまで気付かなかったコトだけど。


偶然の、出会い頭みたいな再会だった『by myself』だけど、まー、りゅーちゃんに感謝しましょう(^^;)


あみの『SA』がボクの最高傑作だと思ってたんだけど、『by myself』でした。てか、忘れてました『by myself』<(_ _)>


こんなアルバムを作った「若き久保こーじさん」を、ちょっと見直しました(^^;)


☆BGM : by myself / hitomi


2012-09-15 17:42  nice!(3)  コメント(1)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

nice! 3

コメント 1

おぬま

なんと、『SA』以上ですか。
最高傑作『by myself』、ぜひ買って聴いてみます。

番組観られないので、ライブ出演も時々お願いしますね~。
(フォーキーズのホーム戦とかそろそろ…)
by おぬま (2012-09-16 15:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。