So-net無料ブログ作成

神田陽太ライブ@ハニービー大船 [live]

ウォーターポンプスタジオで、松尾バンナのギターダビングを終えた後
オーナー兼エンジニア兼ドラマーの川畑大ちゃんとともにハニービー大
船へ。ライブ当日だってのに、レコーディングさせちゃってゴメンね。

向かったハニービー大船では、神田陽太くんのライブ。
大ちゃん(Drum)とマーぞー(Bass)とゆたかくん(Guitar)がサポート。

盛り上がってましたねぇ、大船は。

ハニービー大船 HP
http://www.l-honeybee.com/

ウォーターポンプスタジオでの松尾バンナの模様は、本人のブログの更新
をお待ちください。
松尾バンナ公式ブログ 「死ぬまで弾いちゃる!」
http://banna.blog54.fc2.com/



オヤジィー・オズボーン [live]

高校の同級生だった池田こうじくんがドラムを叩くアマチュアバンド
「オヤジィー・オズボーン」のライブを、原宿アストロホールにて
観てまいりました。

この「オヤジィー・オズボーン」、バンドのメンバーのご子息が通う
港区の某小学校のPTAで結成された「完全アマチュアバンド」。
ドラムの池田くんをはじめ、他のメンバーの方々も、サラリーマンを
していたりと、職業バラバラ。

だからまぁ、失礼ながら、決して上手くない。

演奏曲目が、ディープ・パープルやクイーンなどの有名な曲なんで、
聴いててナニやってるのか、ナニをやろうとしてるのかがワカるんだ
けど、知らない曲を演奏されてたら、理解するのが怪しくなったかも。
まぁ、そんな感じの、オヤジたちの、アマチュアバンド。

・・・でもサ、観ていると、自然と笑顔になってきちゃうんだよね。

ステージで演奏している方々には、笑顔はナイのよ。
自分の演奏に必死だからサ。でも、ボクを含め客席には、笑顔があふ
れてるのね。楽しいのよね。

上手ぢゃないからとか、知ってる曲だからとか、なんかそれだけぢゃ
ない「ナニか」が、今日のアストロホールにはあったんだよね。

まだそれがナンなのか、解明できておりません。
ただそれは、最近味わったコトのない、心の底に眠っていたようなモ
ノのような感じがしてて。

アマチュアバンドの「オヤジィー・オズボーン」に心揺さぶられるって
のも、な〜んか悔しいんだけどサ、早く解明して自分に取り入れてやろ
うと思ってます。

せっかくアマチュアバンドのライブに、高いチケット代払ったんだから
元を取らなきゃ、ね。



SPIN OFF from TM 2007 - tribute LIVE III - [live]

TMトリビュートライブの追加公演を、渋谷NHKホールにて見てきました。

初めて見てきました、先生抜きのTM Network。でもあれ、なんで「TM
Network」って言わないんだろーね。どっからどー見てもTM Network
なんだけどね。それも、スゴク完成度の高い。いろいろ権利やらなんやら
の問題があるんですかね。

ライブもすごくイイんですよね。ウツの歌は、大変失礼ながら、あのお歳で
ますます磨きがかかったキレイな声だし、木根さんの存在感も素晴らしい。
浅倉大ちゃんをはじめ、葛Gやベーヤンのバンドもカッコいい。

TM Networkでイイぢゃないか。

大ちゃんは早く「2代目小室哲哉」を襲名して、正式にTM Networkに
なっちゃえばイイのに。ボクは長い間先生と一緒にいたけど、大ちゃん
の方が「小室哲哉っぽい」演奏をしてたモン。きっと先生だってそー思って
ると思うな。

TM Networkは、ボクにとっては教室であり、ふるさとのような場所。
トリビュートってのは、そんな経験を持ったボクみたいなのがやるコトでね。
ご本人たちがおやりになるコトぢゃないと思うのね。だって、昨日のNHK
ホールで演奏していた方々はTM Networkそのモノだし、なによりスゲェ
カッコよかったし。もっともっとこれからも、昨夜のようにカッコいいTMを、
これからも進化させていって欲しいって思うのね

その上で、改めて感じたコト。

小室哲哉という人は、心底偉大な音楽家だな、と。
曲を聴いている時に、あの時の自分に帰っていける、そんなものスゴイ
パワーを持った曲を作ってきたんだな、と。

小室哲哉師匠とTM Networkのおそばにいれたコトを、ホントに幸せに
感じてきました。

小室哲哉万歳!
TM Network万歳!



カゼ治らぢ [live]

カゼがなかなか治りきらないんだけど、そのせいか最近の多忙のせいか、カラダの
疲れが取れない。四六時中ヘトヘトな感じ。歳のせいか・・・。

昨夜は真崎ゆかライブ。

サポートに、L+Styleの若田部くん(Key)と角田りょうくん(Guitar)を迎え、ちょっと
見ると「エロいELT」な感じ。最後の曲にはラップで、L+StyleのTAKAYUKIくんも
参加で、うがって見ると「変なGlobe+葛G」のよう。

でライブの方は、とっても楽しい感じ。出演陣にとっては、とってもやりにくいステージ
だったらしいけど、見てる分にはそんなコト全然感じさせない、イイライブでした。
まっ、会場が変われば、もっと素敵なライブになるに違いありません。次回に期待、ね。

>真崎ゆか
「歌いづらい~!」って言ってたけど、とってもイイ感じだったよ。音程といい、リズムと
いい。なにより、毎回ライブを重ねるたびに、成長や進化が見て取れるってスゴイと思う
んだよね。このままこの調子で、どんどんカッコよくなっていこう。
お疲れちゃんでした。

会場にお越しの皆さま、ありがとうございました。
スタッフの皆さん、お疲れちゃんでした。

本日先ほど、石川くん出演・7月から公演の「ゼリーの誘惑」サウンド・トラックのマスター
リングを完了。そしてこれから、TMナントカを見に、渋谷NHKホールへ。

早くカゼを完治させないと、だなぁ。



真崎ゆかライブ [live]

ヘトヘトになりながらやっと着いた青山LOOP。
これから「ゆかライブ」。



the trophyz@CLUB24YOKOHAMA [live]

昨夜6日は、the trophyzライブ@CLUB24YOKOHAMA

ライブは相変わらず、オヤジ度の濃い、レベルの高い演奏でした。
観ていると、もー安心感のようなモノに包まれるほどです。

会場には、地元が近いというコトもあって、元Puzz:の神田陽太くんら、大ちゃんファミリーが
勢揃い。終演後は、「Puzz:時代に3回くらい来てる」と言われて全然覚えてない、関内駅前
の居酒屋ビルへ。

皆さんと飲むのも久しぶりでした。

横浜にいつ行っても思うけど、ウチからはとても近くて、かえって新宿とか池袋とかの方が
遠く感じるんだけど、やっぱり違う土地柄が存在しているんだなぁって。対バンの方々を観
ていても、渋谷のライブハウスに出演しているアマチュアバンドの雰囲気とは、明らかに違う。

ザ・トロフィーズは、オヤジだけど洗練されていて、横浜バンドの持つ「ロック魂」と少し違う
流れの中にあるように感じます。まっ、大ちゃん以外の3人は東京出身だから当たり前なん
だけど。

そんな「アウェー環境」だった、昨夜のザ・トロフィーズ。

次のライブは、ホームに戻っての、5月11日渋谷TaU KITCHEN。
ザ・トロフィーズHP
http://www.myspace.com/thetrophyz

連戦だねぇ、the trophyz。



L+style feat. 真崎ゆか 朝までGO! [live]

昨夜深夜のL+styleと真崎ゆか@渋谷Xanadu。
この時点で、深夜3時過ぎ。

連休中の深夜だっチューのに、Xanaduには結構沢山のお客さん。しかも
外国人のお客さんの割合が結構多い。「外国人割引」でもやってるんだろーか。
我々がXanaduに到着した深夜1時くらいには、すでに店内グチャグチャ状態。

そんな中での「L+style feat. 真崎ゆか」ライブ。

ここ最近のライブやイベントの中では、1番の出来の良さだったんぢゃなかろーか
真崎ゆか。歌もパフォーマンスも全て良し。

あんな深夜ぢゃ、酔っぱらいばっかりだったし、誰も聴いてくれないんぢゃないか
と思ってたら、どっこい真崎さん、しっかりお客さんを掴んでました。あなたは逆境
に強いね。キビシイ音響的な環境の中で、あれだけ歌えるのは大したモンでした。

>真崎ゆか
真っ昼間のイベントより、真夜中のライブの方が似合うんだね。
今度は、「全国・クラブのにいちゃんたぶらかしツアー」でも行きますか。
お疲れちゃんでした。2日に、ね。

L+styleは、ステージ狭しと暴れまくる、客席一体アゲいけアゲいけライブ。

最後の曲「You are my sunshine」では、外国人のお客さんたちをステージに
巻き込んでの盛り上がり大フィナーレ。いつ見ても盛り上がる、楽しい、ポジティブ
なL+styleライブ。

>L+style MC TAKAYUKI
よく飲むねぇ、あなたたちは。焼酎何本飲んだ?
ライブって、なかなか計算通りにはいかないんだよね。「ライブは生き物だ」なんて
言う人もいるくらい。昨夜のライブはカッコ良かったけど、失敗しちゃうライブもこれ
からあるかもしんない。で、そんなコトの繰り返しの中できっと、L+styleは成長し
ていくんだよね。このままのこの道を突き進んで行ってください、L+style。
昨夜はお疲れちゃんでした。筋トレがんばってね。

↑ 朝8時30分、オヤジ丸出しタイム、with hirokoちゃん。
朝っぱらからナニやってんだ、このハゲおやじ。

sin守尾崇くんとともに付き合ったL+style打ち上げ。
家に帰ったのは朝9時過ぎ。晴天夏日。酔っぱらいにはキビシイ日の光。

楽しい一夜をありがとう、真崎ゆかさん、L+styleさん。
関係各位も含めまして、お疲れちゃんでございました。

真崎ゆか
http://masakiyuka.com/

L+style
http://lstylemusic.hp.infoseek.co.jp/L+style.htm



石川よしひろ、年内アルバム3枚発売 [live]

昨夜は吉祥寺スターパインズカフェにて、石川よしひろライブ「さよなら39、また
来て40」。5月に40歳になっちゃう石川くん。30代最後のライブでした。

いつもの楽しいMCとともに、昨夜は「8月、10月、12月の10日に、それぞれアル
バムを発売します。販売方法は未定です。アルバム発売に合わせ、ライブもやり
ます。」と発表。満員のお客さまから、喜びの大きな拍手。

今年は精力的です、石川くん。

7月から舞台もやるそうで、新しい石川くんのHPが6月くらいから開設することも
含めて、大忙しな石川くん。アニキファンにとっても、お楽しみ満載な2007年。
みんなで応援していきましょう。

楽しかったライブの後は、ライブにあそびに来ていたヒロシをはじめ、関係者の皆
さまと西荻窪で食事。せっかく吉祥寺まで来てるんだから、こんブーも誘おうと、
ヒロシとこんブー宅へ。
http://aquio.exblog.jp/5257753#5257753_1

>石川くん
発表しちゃったからには、もろもろ、実現させなければいけません。
すっげぇ大変そうだけど、その分(?)楽しそうでもあります。
楽しみながらお手伝いをしていきますんで、よろしくちゃんです。
昨夜はおつかれさまでした。

昨日の「あっ!とおどろく放送局」の模様は、真崎ゆかのブログにて。
http://masakiyuka.cocolog-nifty.com/blog/

今日の深夜は「L+style feat. 真崎ゆか」ライブ@渋谷Xanadu。
http://www.xanadu.ne.jp/index.php

GWに予定のない、寂しいあなた。
今宵は渋谷でオールしませんか。

L+style&真崎ゆかとともに、皆さまのお運びをお待ち申し上げます。



L+style feat. 真崎ゆか [live]

昨夜の「L+style feat. 真崎ゆか」ライブ@渋谷7th Floorにお邪魔してきました。

お目当ては、もちろん、L+styleのボーカル・hirokoちゃん。
・・・と、前田たかひろ作詞の新曲披露の、真崎ゆか。

良かったなぁ、真崎ゆか。声の調子が悪かった前回に比べたら、雲底の差。
L+style・若田部くん作曲の新曲もピッタリだし、ゆかの存在感の強さもイイ。
早く仕上げて、配信したいですねぇ。

L+styleは、変わらず、息が合ったステキなステージを見せてくれました。

ライブハウスとはいえ、あれだけのステージを構成して演奏するんだから
そりゃ、そーとー練習したでしょうに。エンターテインメントには、人には知
らせない、影の努力が重要なんだなぁと、改めて感じ入りました。

>真崎ゆか
新曲、イイ感じでした。L+styleとのコラボもバッチリです。
この際、若田部くんの才能に頼り切って、素晴らしい楽曲をいっぱい作って
もらいましょ。なにより、ゆかの伸びやかな歌が、とても魅力的でした。
お疲れちゃんでした。

>L+styleの皆さま
素晴らしいね、あなたたちは。特に、新曲の「Dream」は大好きです。

  いま逢いたいよ
  胸の中すべて伝えたら
  ユメのようなことで
  心あたたまる
  そんな季節は
  ボクらを優しくつつむように変わる
    (「Dream」/ L+style)

また会いたいなぁって気持ちにさせる人たちなんだよね、L+style。

>L+styleのhirokoちゃん
カワイイよねぇ、hirokoちゃん。
いつまでも、そんなステキな、素直なhirokoちゃんのままでいてね。

そんなワケで、おじさんの気分をすっかり春色に染めてくれた、「L+style
feat. 真崎ゆか」ライブ。またお邪魔させていただきます。

関係各位の皆さま、出演の皆さま、お疲れちゃんでございました。



the trophys [live]

さらに新キャラクター「カメコ・サッシー・シルバー・ストーン」も登場!
そんな今後に付き合える方々
次回「ザ・トロフィーズ」ライブの横浜でお会いしましょう



このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。