So-net無料ブログ作成

松岡英明「complete02-01」 [diary]

昨日11日(土)、恵比寿LIVE GATE TOKYOにて、松岡英明さんのライブ「complete02-01」見学。

松岡英明さんが、2012年から「封印」してきたアーティスト活動の、その「再開」のライブでした。

matsu_bow.gif



2011年に宣言した「封印」。
https://www.facebook.com/notes/%E6%9D%BE%E5%B2%A1-%E8%8B%B1%E6%98%8E/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%88%E5%B0%81%E5%8D%B0/202697989774864

封印を封印しちゃう「再開」が「いささか早すぎぢゃね?」なんていう突っ込みはしません(^^;)


昨日の「complete02-01」は、デビューアルバムと2ndアルバムからだけの選曲のライブ。3月22日(土)には、同じくLIVE GATE TOKYOで、「complete02-02」が決まっていて、このシリーズのライブ全てを観れば、松岡くんのヒストリーがわかる仕組み。なるほど面白い。


完成度の高いライブでした。
松岡くんの音楽に懸ける情熱を感じました。

昨日のライブは、ツアーのように何回も同じ演目を繰り返すライブとは違う単発ライブですから、相当な回数、密度のリハーサルをしなければ、あれほどの完成度の高いライブは出来ません。準備には、おそらく、松岡くんのエンターテインメントに対する美学や執念を追求したに違いありません。

会場にいらしたお客さまに喜んでいただく。エンターテインメントの神髄は、そんな簡単なようで難しいおもてなしだけど、「封印」を決意した悔しさや、「再開」を決意した勇気が、高い完成度のライブを提供する心構えを支えていたんでしょう。


バンドには良く顔見知った連中が並んでいました。
20歳も年の差がある若いミュージシャンたちだけど、技術はもちろん、ステージングや礼儀作法に至るまで、しっかりとしている連中です。あれだけの曲数を、しかも1日2回公演でこなすのは、並大抵のコトではありませんが、しっかりと松岡くんをサポートしていました。あっぱれです。


米アトランタから、カメラマンのひろくんも駆けつけていました。

ひろくんは最近、TM Networkのライブカメラマンなどでも大活躍です。
昨日の松岡くんライブの写真も、近々facebookなどで公開してくれるでしょう。
https://www.facebook.com/pages/hirosatophotographycom/293910013960448


松岡くんエピックソニー時代の初代ディレクター・山口三平さんにもお目にかかりました。

三平さんはTM Networkのディレクターでもありました。最近は制作現場には携わっていないそうで、なかなかお目にかかってお話する機会もありませんでしたが、松岡くんが、松岡くんのライブが、昔話のタネをまいてくれました(^^)


ひろくんや三平さんだけでなく、松岡くんの周りには、不思議なくらい沢山共通の知り合いがいます。

昨年末にTMのイベントで松岡くんと話した時にも、お互い不思議な縁を感じてました。松岡くんは知らないけど、むか~し付き合ってた彼女も松岡くんの大ファンだったな。密な知り合いではなかったけど、知り合ってからの月日はずいぶん長い。

アーティスト活動を再開したおめでたい縁起のイイ日に、親しく未来を語れる仲になったコトを喜ばしく、幸せに思います。



>松岡英明さん
アーティスト活動再開おめでとうございます。
勇気を持って1歩前に足を出す大切さを教えられた気がします。
若さを保つのも、やる気を維持するのも、つまりは己の意思なんだと。
これからも松岡英明さんを応援し続けようと思います。
お疲れさまでした!



clubfolkは、まったく封印してませんが、再開もしません。


松岡英明HP「hideaki-matsuoka.com」
http://www.hideaki-matsuoka.com/

松岡英明facebook
https://www.facebook.com/hideakimatsuoka.1223


☆ BGM : Hardwell On Air 149


2014-01-12 13:38  nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]